注意点

ビル最近では代行業者を利用したほうが会社設立にかかる費用がリーズナブルになるということが言われています。業者に依頼をするのになぜ安くなるのかと不安になる人もいますがこれには仕組みがあります。代行業者が格安で設立手続きをできるのは手数料を格安にしているわけではありません。電子定款を利用していることが理由です。

会社を設立するためには定款を作成しなければなりません。この定款を作成するのには定款印紙といわれる4万円分の印紙が必要です。しかし、電子定款にすると印紙が必要ありません。そのため印紙の費用が安くなり経費が掛からなくなるのです。

もちろん電子定款を自分で作成することは可能です。しかし、作成するとなるとかなりたくさんの手続きが必要ですし面倒な作業もあります。そこで代行業者のようなインフラが完成しているところに依頼をするとすぐにできてなおかつ手数料もかからないのです

一般的な税理士事務所は電子約款での対応をしているので依頼をしても特に問題なく電子定款での作業をしてもらえ、この印紙代のコストカットができます。しかし、事務所によっては今でも電子約款を取り入れていないというケースがあり、そうすると印紙代が発生してしまい自分で作業をするよりも割高になるケースがあります。そこで税理士事務所で代行業務を行っているところに依頼をするという場合には必ず先に電子約款の取り扱いをしているかの確認をするようにしましょう。

また、税理士は開業についての知識だけでなく開業してからの節税についての知識にもたけています。そこで、ただ定款作成だけでなく相談業務も行っておりいろいろとアドバイスをくれる税理士事務所に依頼をする方が得られることが多くメリットも高いです。

参照ホームページ
会社設立代行や税務顧問の無料相談は税理士法人アディーレ会計事務所

業者の選び方

急増している会社設立の代行業者ですが、きちんと業者を選ぶことが重要です。特にリーズナブルに行っている業者は業務を依頼してから失敗したと後悔してしまうケースもあります。そこで失敗をしないためにもよく吟味して選ぶようにしましょう。

まず、費用があまりにもリーズナブルな場合には、きちんと対応してくれる業務内容を確認しましょう。業者によっては最低限のサービスのみを担当しておりそれ以外の内容についてはすべてオプションとなり追加が必要となるケースもあります。そのようなことになっては割高になりますし不明点が解決できなくなってしまいます。そこできちんと対応内容の確認をしておきましょう。

パソコン次に担当実績についてもしっかりと記載されている業者を選ぶことが望ましいです。特に税理士事務所が行っている代行業者の場合には税理士としての実績だけでなく代行業者としての実績も記載されていると実際に業務を行っているということが確認できますから業務の依頼をしてもしっかりと業務を遂行してもらえるという安心感があります。ホームページで実際に対応してきた事例件数や具体的な対応内容といったこと、代行サービスを担当する人の紹介といったものも書かれていると安心できます。

最後に不安があるという場合には比較検討することです。最初のカウンセリングはどこも無料で行ってくれます。そこで複数の代行業者とコンタクトを取り、具体的な費用を確認したり不明点や融資の相談といったことをしてみる知識や経験の確認もできて参考になります。もちろん対応の様子や熱意も確認するべき重要なポイントです。比較検討するからこそ自分の任せたいと思える代行業者が見えてきます。

設立代行のメリット

設立代行業者は会社の設立にあたって必要な書類作成を代行してくれる業務を行っています。そのため会社設立についての知識も豊富ですし、書類作成のルールもしっかりとわきまえています。そのためミスなく作成することができますし、不明点を相談することができ開業する際のトラブルを回避できるのがメリットです。

個人でも書類の作成はできますし、そうすれば代行業者に支払う経費は発生しません。会社設立時にはいろいろとお金がかかるので減らせる経費は減らしたいものです。しかし、書類作成に手間取ったりミスがあったりすると開業する時期が遅れる可能性もあります。そこで知識のある人に作成を依頼することができればミスもなくスムーズに進められ開業が遅れるという心配もありません。自分と業者とでダブルチェックをすることになるので様々な場面でミスが減らせ安心できます。

男女また、設立時には経営者は忙しくやることが多くて焦ることも多いですし経営がうまくいくかと不安になることも少なくありません。そのような時相談相手になってくれ、なおかつ的確なコメントをくれる強い存在にもなってくれます。

代行業者の中には設立時だけでなくさらに長期的にサポートをしてくれる業者もあります。特に税理士が運営している開業代行業者であれば開業後も税理士として顧問契約をして長期に会社経営に携わってもらうこともできます。プロの目線から常に建設的なコメントがもらえ、ホームドクターのような存在として第三者の立場から建設的な意見をもらえる力強い存在となって会社経営を助けてくれます。

会社設立をしたい

不況の影響や終身雇用制の崩壊といったものから私たちの労働環境はあまりよくない状況が続いています。昔は新卒で入社した会社で定年退職するまで働き続けることが当然でした。しかし、今では会社が吸収合併をしたり倒産をしたりと入社した時と同じ状態で会社が存続するかもわからない状態が続いています。

このような不安定な状態であるため企業で働くことが安全とは限りません。インターネットやパソコンが進化したことでどこでも仕事ができる環境も整っていますし、昔よりも働き方の選択肢も増えています。そこでサラリーマンを辞めて独立開業することを検討する人が増えています。

名刺交換このような独立開業するという人が増えているのは不況や労働環境の悪化だけではありません。昔よりも会社設立にかかる費用や手間が減っており開業しやすくなっているのです。昔よりもリーズナブルで借りることのできる会社向け物件も増えており初期投資の金額も少額で済むケースが多いです。そして、設立の際に面倒な手続きを代行してくれる業者も出てきています。このような背景から独立して開業することを検討する人が増えているのです。

ただ、昔よりも手続きや経費がかからなくなったといっても、やはり必要な書類はありますし知っておくべき法律や経理知識もあります。今までこのような業務にかかわったことのない人だとわからないことも多くかなりの負担がかかるものです。このような法的業務だけでなく、オフィス開設の準備や営業活動など会社の運営を始めるにはやるべきこともたくさんあります。そこで、少しでも経営者の負担を軽減するためにも代行業者を利用することはメリットが高く、利用する人が増えているのです。