注意点

ビル最近では代行業者を利用したほうが会社設立にかかる費用がリーズナブルになるということが言われています。業者に依頼をするのになぜ安くなるのかと不安になる人もいますがこれには仕組みがあります。代行業者が格安で設立手続きをできるのは手数料を格安にしているわけではありません。電子定款を利用していることが理由です。

会社を設立するためには定款を作成しなければなりません。この定款を作成するのには定款印紙といわれる4万円分の印紙が必要です。しかし、電子定款にすると印紙が必要ありません。そのため印紙の費用が安くなり経費が掛からなくなるのです。

もちろん電子定款を自分で作成することは可能です。しかし、作成するとなるとかなりたくさんの手続きが必要ですし面倒な作業もあります。そこで代行業者のようなインフラが完成しているところに依頼をするとすぐにできてなおかつ手数料もかからないのです

一般的な税理士事務所は電子約款での対応をしているので依頼をしても特に問題なく電子定款での作業をしてもらえ、この印紙代のコストカットができます。しかし、事務所によっては今でも電子約款を取り入れていないというケースがあり、そうすると印紙代が発生してしまい自分で作業をするよりも割高になるケースがあります。そこで税理士事務所で代行業務を行っているところに依頼をするという場合には必ず先に電子約款の取り扱いをしているかの確認をするようにしましょう。

また、税理士は開業についての知識だけでなく開業してからの節税についての知識にもたけています。そこで、ただ定款作成だけでなく相談業務も行っておりいろいろとアドバイスをくれる税理士事務所に依頼をする方が得られることが多くメリットも高いです。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket